マイクロスコープを使う歯医者

マイクロスコープとは、あまり聞きなれない言葉ですが、顕微鏡のことです。
今まで、医療においては耳鼻科や眼科などに多くありましたが、最近では歯医者の中にも見かけるようになりました。



人間が肉眼で識別できる視野には限界がありますが、マイクロスコープを使うことで、肉眼の3~20倍も拡大して見ることができるようになります。これにより、より精密で確実な治療が行えるようになります。

歯医者での治療は元々細かいものが多いですが、神経の治療などは肉眼の限界を超えているために、どうしても歯医者の経験などに頼って治療を進めることが多いのが実情でした。

マイクトスコープを使うことで、歯の内部を拡大し、神経の状態を直接見ながら治療ができるようになり、飛躍的に正確な治療ができるようになりました。

歯の神経というのは、中で複雑に分岐していて、取り残しかあるとそこから再発してしまうという厄介なものです。
きちんと取り切れなかったことから虫歯が再発し、歯そのものを抜かなければいけなくなることも多くあります。


マイクロスコープは肉眼よりも拡大して見ることで、より細やかなで精密な治療が可能となります。

4meee情報はすぐに役立ちます。

詰め物をするときも、歯との境界部分をミクロン単位で確認し、なめらかできれいな歯の面にすることもできます。



特に見た目のきれいさを求める審美歯科では、削る段階からどこまでが虫歯かを確認し、きれいに詰めることでマイクロスコープの良さが分かります。