Skip to content

イケアの未来に抱くコンセプトとは

イケアはスウェーデンが発祥で世界各地に出店している世界最大の家具の量販店です。

特徴として独特のビジネスコンセプトを有しており、そのコンセプトを大事にしているということです。属にイケアグループという企業体を形作っています。

流通や梱包、製造などにかかるコストを徹底的に消滅させながら、顧客のニーズに合わせた格安の組立家具を販売しています。世界展開では、このコンセプトに同調するフランチャイズを重視して規模の拡大をはかっています。

ビジネスのコンセプトとして、「イケアは、環境と社会にポジティブな影響を与えたい」としています。そのポリシーに基づいた事業を積極的に展開しています。その一つが再生エネルギーを取り入れることです。

100&のエネルギーを再生エネルギーに切り替えようとしています。イケアのビジョンとしては、「より快適な毎日を、より多くの方々に」人々にとって良いことは最終的にイケアにとって良いということです。

ビジネス理念として掲げるのは、「優れたデザイン機能、品質を兼ね備え、カスティナビリティに配備した製品をできるだけ多くの方々が購入できるように低価格でご提供すること」世界一の家具企業は、未来に投資することを怠りません。

グループの経済原則は、自己資産で成長することです。つまり利益をだしてから、その稼ぎで使うということです。この考えのおかげで未来に必要なエネルギー改革などの事業に幅広く貢献している企業です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です